着手金に関して気をつけること

着手金を支払うタイミング

この弁護士に依頼すると決まったら、まず着手金を支払います。
それから本格的に活動してもらいます。
1つの依頼に対して、1回のち着手金だと考えている弁護士が多く見られます。
例えばパートナーと離婚したい時に、離婚に合意してもらえるよう話し合いを弁護士に依頼したとします。
その時に話し合いが上手く進まず、高額な慰謝料を請求された場合、慰謝料の金額を下げることはできないか相手と交渉します。

その交渉は前回に請け負った依頼とは異なるので、再び着手金をもらってから活動する弁護士がいます。
依頼内容が変わったら、再び着手金を支払わなければいけないと考えてください。
最初にどのような内容で弁護士に依頼すれば良いのか、よく考えましょう。

おすすめの弁護士とは

信頼できる弁護士は、2回目の着手金だった場合は金額を少し下げてくれます。
こちらのことをよく考えてくれるので、着手金のことを相談してください。
2回目の着手金でも、高額なままだと言っている弁護士だったら、問題なく支払えるのか少し考えてください。
もしかしたら別の弁護士に改めて着手金を支払って依頼した方が、安い価格で済ませることができるかもしれません。

必ずしも、同じ弁護士に依頼しなければいけないわけではありません。
むしろ内容が変わったらそれに合わせて、得意としている弁護士に相談した方が良いです。
内容が変わって再び着手金を支払う事態になったら、同じ弁護士で良いのか考え直しましょう。
他の弁護士の情報も見てください。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る